2013年08月09日

ちょっとお見せしちゃいます♪

こんばんは。

企画・開発担当の奥村です。


さて、今日は!

待ちに待った!!!!

KYB36フォークの試作品が、ようやく!やっと!形になって来ました〜♪

みなさまご存知のアドバンテージ様とコラボレートで進んでおりますこのプロジェクト。


IMG_1536kl.jpg

1975年〜1980年代のAMAスーパーバイク時代に活躍したKYBレースフォークを忠実に再現しながらも!!

インナーチューブとアウターケースにはスライドメタルを追加採用しました!


まずはディテールから〜♪


IMG_1529s.jpg IMG_1533s.jpg

左側がNew KYB36、右側はKZ1000A1STDです。

少々判り難いかもですが(汗)ダストブーツの形状が違いますね〜。

アウターケース表面の質感の違いがわかりますかね??鋳造技術の違いが見て取れます♪


IMG_1532s.jpg IMG_1534s.jpg

これならどうでしょう〜。

画像下側のフォークがNew KYB36です。

型と型の継ぎ目が細かくなっていますよね!

そして、鋳肌も均一でキメ細やかな仕上がりになっておりますね♪


で、最も特徴的なのが・・・・


IMG_1531s.jpg

トップキャップの違いですよね!

エアバルブを装備しておりますので、走行前の0気圧調整が手軽に行えるので、余分なエアバネ効果を軽減させる事ができます♪


続きましてはフィッティングです♪

弊社在庫のKZ1000A1に装着してみました〜♪

ブラックですが、試作品のため色味が若干異なっております。製品版は、艶消し黒になります!


IMG_1523s.jpg IMG_1525s.jpg

19761980年式のKZ7501000シリーズは完全ボルトオンでフィッティングできます!


IMG_1524s.jpg IMG_1521s.jpg

トップキャップとダストブーツがノーマルとは違う形状なので、なんだか?レーシー?な雰囲気になってません???


KYB36は順調に開発が進んでおります!!!!予定では9月末〜10月頃には入荷します!




そして!なんと!

さらにお見せしちゃいます!


74-1521_2.jpg

こちらも3月に発表となった丸鉄スイングアーム!


74-1521_sideup_7.jpg

160タイヤ対応でZ1STDフレームにボルトオンで装着可能!

もちろん、KZ系にも装着可能ですが、KZ系のSTDトルクロッドをマウントするブラケットがスイングアーム上面に設定されておりませんので、リアブレーキをフローティングマウントするか、スイングアーム下面のマウントを利用していただければボルトオンでご使用いただけます♪



で?進捗状況は????


110524.jpg

しっかりとした溶接治具を用いて溶接を施します!


1003356_n.jpg

さらに、溶接後にヒズミを検査した上で、ピボットのベアリング圧入部分の寸法をツメル、ラインボーリングを施します♪

これで、ヒズミのないパイプに仕上げて、驚くほどスムーズにベアリングが稼動します♪


このような感じで、スイングアームも順調に開発が進んでおります。

予定では10月頃に入荷します♪


ご注文をいただいている皆様!!!もう少しで完成ですので、今しばらくお時間をいただけますようにお願い致します。


それでは、今日はこの辺で失礼しまっす♪





人気ブログランキングへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
カワサキZ系パーツをはじめ様々なバイクパーツを販売するPMC
posted by PMC at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新製品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72153667

この記事へのトラックバック
カワサキZ系パーツをはじめ様々なバイクパーツを販売するPMC
タグクラウド